スタイルアップ方法

低身長メンズに似合うパンツと丈感はデザインによって変えてみる。

低身長に似合うパンツと丈感はデザインによって変えてみる。

低身長に似合うパンツと丈感はデザインによって変えてみる。

 

ジーンズ、スキニーの一極集中トレンドが落ち着きだし、型にハマらない様々なパンツが登場するようになってきました。

 

パンツのセレクトや着こなしは背が低いと悩んでいるメンズや、スタイルが悪いと思っている方で苦労することがあるかと思います。

 

特にパンツに関しては、どのくらいの丈感で履けば良いのか?悩みどころですよね。

実はパンツのデザインによっては、普段裾上げするときに店員さんにお伝えするような「くるぶし丈」じゃないほうが良いことだってあるんです。

 

ファッションで大事なのは、似合うパンツをただただ選ぶだけじゃなくて丈感や細かいサイズの方にも気を配ってみることです。

 

僕もパンツ選びには非常に苦労しますし、今でも慎重に選ぶことだってあります。

もともと筋肉質で下半身が太くなりやすいのでなおさらなんですよね泣。

 

今回は、背が低い・スタイルが悪いと悩んでいる方に向けてパンツと丈感をどう変化させていくと着こなしやすくなるのか?お伝えしていきます。

 

  1. パンツは細長いアイテムが似合いやすい(テーパードパンツ)
  2. テーパードパンツはくるぶし上の丈感
  3. ワイドパンツは柔らかい素材は丈長め、それ以外は丈短め

それぞれ詳しくお伝えしていきます。

 

[メンズ]スタイルアップには細長いパンツが似合う

初期段階で、真っ先にスタイルアップを目指している状態なら細長いパンツ一択かなと思います。

 

なぜなら他アイテムを選ばない汎用性がありますし、全体的にシルエットを細くしてくれることで縦のラインを発揮しやすいからなのですよね。

 

縦のラインは横よりも縦に長いラインをコーデの中に作ることでスタイルをよくみせるテクニックです。

 

メンズが選ぶ細長いパンツの優先順位は、

  1. テーパードパンツ
  2. スキニーパンツ

です。

 

テーパードパンツはくるぶしより少し上の丈感

もう、テーパードパンツは世のメンズの味方!といっても過言ではないくらい使い勝手のよいパンツです。

 

女性よりも足が太くなりやすく、ボディラインを全てハッキリさせてしまうと違和感に繋がるメンズファッション。

 

足首にかけて一気に細くなるテーパードパンツは、スキニーテーパード・テーパード・ワイドテーパードとデザインを変えながら増えてきています。

 

足首がキュッと細くなっているデザインですから、そのメリットを最大限にまで活かすならくるぶしよりも少し上の丈感にするほうが綺麗に見えます。

 

ユニクロのレディースラインでカーブパンツをご存知の方、多いと思います。

実はパンツのラインが弧を描くように作られていることで足が長く見える錯覚を作りだしています。

 

テーパードパンツも似たようにカーブを描きながら裾にかけてキュッと細くなります。

くるぶしよりも上の丈感で、足との一体感も生まれ、より足を長くみせることが出来ます。

 

スキニーパンツはくるぶし丈でOK

スキニーパンツは通常のくるぶし丈で十分です。

自分自身の足のラインをもろに反映するスキニーパンツは、僕のように足が太いと逆効果になってしまいます。

 

特にスポーツをしていると太ももが張ってきますので、全体的に横幅が目立ってしまいます。

よって、通常裾つめをするくるぶし丈もしくは靴のはき口にかかる程度で十分です。

 

スキニーパンツによって太ももやお尻周りにハリが出てしまった部分を裾丈でリカバリーすることが大事です。

 

ワイドパンツは中途半端な丈感にしないことがコツ

次はメンズファッションにおいて、難しいとされているワイドパンツ。

 

足が短かい、背がひくい人にとってワイドパンツを履く気持ちになれないこともあるのではないでしょうか。

 

意外にもスキニーパンツを履くと足がパツパツになる人は、ワイドパンツを履くことで体型カバーになるんです。

それも背の低さをもろに出さない範囲で。

 

コツとしては中途半端な丈感にしないことです。

  • しっかり足首をみせること
  • 靴をおおうような長めの丈感にすること

メリハリをどちらかつけることが重要です。

 

さらにワイドパンツの丈感を選ぶときには判断基準がいくつかあります。

  1. レーヨンや落ち感のあるワイドパンツなら丈を長めにしてOK
  2. ローテクや目立ちにくいスニーカーなら丈感長めを選ぶ
  3. それ以外はしっかり足首をみせてスッキリした印象へ

 

しっかり足首をみせること

ワイドパンツは構造上、全体的に幅の太いデザインです。

 

 

足が短かいと横の太さがきわだってしまうので、取り入れるのがかなり難しいとイメージされやすいアイテムなのですよね。

 

くるぶし丈やどっちつかずな丈感にしているとワイドパンツの太さが際立ちます。

 

低身長やスタイルに自信がない方は、しっかり足首をみせる丈感にしてみてください。

足首は身体の中で最もほそいので、ワイドパンツの太さとバランスをとりやすいです。

 

それに、足首からすねにかけて伸びる足のゆびの腱があるので、さらにスタイルよくみせることが出来ます。

 

裾にかけてはばが小さくなっている「ワイドテーパードパンツ」も最近ではよく見かけるようになりました。

 

ワイドテーパードパンツだとさらに使いやすいのでオススメです。

 

ワイドテーパードパンツレビュー

 

靴をおおう丈感にしてみる

ワイドテーパードパンツは、大ぶりな見た目から丈感をつめなければいけないと思いますよね。

 

僕はワイドパンツに限らず、全てのパンツにおいてすそは短くしないといけないと思っていました。

 

しかし、場合によっては丈を長くしたほうが良いことだってあります。

 

それが、

  • レーヨンや落ち感のあるワイドパンツなら丈を長めにしてOK
  • ローテクや目立ちにくいスニーカーなら丈感長めを選ぶ

です。

 

レーヨンやサテン、スラックスタイプの薄手の生地であれば落ち感があることで大ぶりなワイドパンツをスッキリとみせてくれます。

 

wear

 

ワイドパンツは足が短かい人が履くことで、縦に長くみせることが難しいです。

できれば縦に長いシルエットを作り出せたほうが、ワイドパンツの幅広いシルエットを目立たなくすることが出来ます

 

素材によっては長めの丈にしても重力によって生地が落ちてくれますし、靴との大きなクッションが目立たないのでオススメな丈感です。

 

まとめ

メンズファッションにおいて、低身長やスタイルに悩みがあるメンズはパンツの丈感を変化してみる事をオススメします。

 

パンツ=裾をつめなければいけない

という一般的なイメージももちろん大事だし、楽なんですが全てスタイルよく当てはまる訳ではないです。

 

  • テーパードはくるぶしより上の丈感
  • スキニーパンツはジャスト丈(靴のはき口にかかるくらい)
  • ワイドパンツはレーヨンetc素材なら丈長め、それ以外は短め

のように、デザインによって柔軟に丈感を変化させるとアイテムに合ったスタイルアップコーデを作ることが可能になります。

 

無料メルマガ [自信をつけるファッションの思考法]

無料メルマガにてファッションにおける工夫の仕方やオシャレをする上で必要なボディメイクのこと、洋服の選び方などを配信しています↓

無料メルマガを読んでみる[自信をつけるファッションの思考法]

 

  • 低身長メンズはどんな服を選べば良いのか?
  • 解剖学的視点から視る、スタイルが悪く見られがちな要素はどこ?
  • コンプレックスによって自信が無くなると服を買い過ぎてしまう。
  • オシャレの問題解決は何が必要なのか?
  • ブラックコーデが上手くいかない理由と解決策

 

など日々リサーチを重ねながら発信していきます。オシャレに通ずるネタをどんどん盛り込んでいきますのでお楽しみに!

ABOUT ME
Takahiro
Takahiro
ファッション歴15年,23歳でコンプレックス➤自信に変換。コンセプトは「身長やスタイルのコンプレックスを ファッションで自信に変える」 固定観念を覆す事を目指し一緒にワクワクする理想のスタイルを目指します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください