ファッション

ユニクロユーとは?デザイナーからユニクロ通常ラインとの違いまで徹底解説!

ユニクロユーとは?制作に関わっているデザイナーから通常のユニクロとの違いまで徹底解説していきます!

 

2015-16のUNIQLO and LEMAIREからかれこれ5年経ちますが、それでも多くの人に支持され続けているコラボレーションです。

 

コラボ当初からルメールのコンセプトやデザインは好きでして憧れのブランドでもありました。今でも好きなブランドです。

名称は変更されましたが、これほどデザイナーと連携して長きに渡って続いているコラボはそうそう無いのでは無いでしょうか?

 

毎回反響を呼ぶユニクロユーですが、「ユニクロユーって何?」「誰とコラボしているの?」「ユニクロとの違いは明確にどんな点?」と思う方もいるかと思います。

 

今回はユニクロユーの今までの軌跡からデザイナーの詳細、コンセプト、ユニクロとの違いなど深掘りして徹底解説していきます。

 

今回の記事では…

1.ユニクロユーのこれまでの軌跡が分かります。

2.デザイナーであるルメール氏の詳細が分かります。

3.コンセプト、魅力や得意とされる表現が分かります。

4.ユニクロ通常ラインとの違いが分かります。

スポンサーリンク





ユニクロユーとは?

ユニクロユーとは、2015年にデザイナーであるクリストフルメールとのコラボレーションによって生み出された「UNIQLO and LEMAIRE」を皮切りに大ヒットとなったコラボブランドが元となっています。

 

2015~2016春夏まで「UNIQLO and LEMAIRE」

https://www.uniqlo.com/jp/store/feature_mb/uq/fe_list/uniqloandlemaire/lookbook

 

2016秋冬~2019春夏現在は「UNIQLO U」

 

 

 

 

 

https://www.uniqlo.com/UniqloU19ss/jp/

 

といった状態で変化していますが、関わっている方は同じです。

 

ユニクロが目指す日常の服を多くの人に着てもらうコンセプト・高品質な素材に低価格な提供と、ルメールのベーシックで上品かつ洗練されたデザインが融合して日常的に着用出来る耐久性とベーシックさはありつつ、上品な革新をもたらすコラボレーションとなっています。

 

これまで、ジルサンダー・アンダーカバーなど多くのブランドとコラボしていたUNIQLOですが、「これまでのコラボの中で最も多くの客層に支持された」と言っているほどの人気コラボです。

 

2015年の初コラボでは当時20歳を迎えていなかった私は期待に胸を躍らせながら発売日にお店に向かったのを覚えています。

 

非常に洗練され、傑作とも言われたアイテム達が当初から存在しています。

 

2015年秋冬で初となるルメールとのコラボレーション👇

FASHION SNAP 

ボタンを隠すことでミニマルな印象が得られる比翼仕立てのシャツや、ショールカラーのチェスターコートが非常に人気でした。

特にこの2つはオークションなどでも高値で取引きされていたことが記憶に残っています。

 

ルメール氏が関わっているコラボの中では値段に対するデザイン、パターンなどこの初期が最高傑作ですね。

 

コラボ2回目となる2016年春夏コラボ👇

FASHION SNAP 

夏らしい配色と柄を持ったアイテムが多く出され、その中でもストライプシャツや革靴のような綺麗なシルエットのスリッポンは非常に人気で早い段階で完売していました。

この頃からミラノリブやスーピマコットンを使ったアイテムが注目を浴び、名称が認知されるようになってきました。

 

しかし、2016年春夏にてUNIQLO and LEMAIREは一旦終わりを迎えます。

そして、ユニクロパリのアーティスティックディレクターにルメール氏が就任して新ラインとして名称をUNIQLO Uに変更して再始動する訳です。

 

UNIQLO and LEMAIREでは生産数に限りがあった為か、完売するアイテムは多かったです。

しかし、ユニクロのディレクターに就任してユニクロユーとなった事で生産体型が整ったのでしょう。多くの人に触れやすくなった印象があります。

その代わり、生地の薄さやより洗練された雰囲気は減った印象にあります。

 

2016年秋冬のユニクロユー👇

米軍ECWCSパーカーからインスピレーションを受けたブロックテックパーカーや、これまで出されてきたUNIQLOのパーカーとは異なるモードテイストの強いパーカーなどが人気となりました。

 

2017春夏のユニクロユー👇

この時のユニクロユーに関しては非常に上品で、素材も高級感あるものが多かったです。

生地の厚みがしっかりあるといったように。

 

特にオープンカラーシャツの出来が良く、人気となりました。

生地の高級感や洗練されたデザインが突出しており、個人的にはユニクロユー改名後において2017春夏が傑作だと思っています。

 

2017年秋冬のユニクロユー👇

特徴的なアイテムがユニクロユーで出たのは2017秋冬でした。

即完売するほどの人気なアイテムであるボアフリースと深みのあるブラウンカラーのブロックテックステンカラーコートが人気でした。

 

2018年春夏のユニクロユー👇

https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/405942-74

自然界のカラーにインスピレーションを受けて作られたアイテムは、鮮やかな色合いでベーシックなデザインが目を惹く内容でした。

 

2018秋冬のユニクロユー👇

今までのシンプルでクリーンなアイテムから一転。

トレンドに沿った、派手なカラーや派手な柄を取り入れたデザインのアイテムが一気に登場したのが2018秋冬でした。

 

2019春夏のユニクロユー👇

最新のユニクロユーラインナップですが、ミリタリー・ワークテイストにルメールらしい上品さと洗練された雰囲気がバランス良くミックスされた印象です。

 

これまでの内容をコラボ当初から振り返り、大まかなデザインや雰囲気、ユニクロユーへ名称を変更した事をお伝えしました。

 

今までに共通する点としてはミリタリーテイストで上品さのあるベーシックデザインが多い印象を受けます。

ユニクロとのコラボで得意とする要素なのかなと感じています。

 

こうして見てみると合計8回もルメールと関わってアイテムを世に送り出していることが分かります。

 

次はディレクターに就任したクリストフルメール氏について解説していきます。

スポンサーリンク





ルメールってどんなブランドのデザイナー?

ユニクロとコラボしているルメールというブランド。

クリストフルメール氏が立ち上げたブランドです。日本ではあまり馴染みのないブランドかもしれませんが、世界では名の知れたトップデザイナーであり、ブランドでもあります。

 

ルメールというブランドについて

LEMAIRE(ルメール)は1990年に設立されたファッションブランドです。

FASHION SNAP 

「一生永く着られる服」をコンセプトに掲げてデザイン制作に関わっています。まさにライフウェアを掲げるユニクロと似ている共通点たるものがありますね。

 

ルメールの洋服は上品でベーシックなデザインやジャケットスタイルを崩した様なデザインのものが多いです。

 

また、永く着続けられるというコンセプトもあって耐久性の高い作りや素材・ミリタリーやワークといった耐久性が求められる状況下で使用されてきた洋服の型から着想を得ているものも多い印象にあります。

 

ただ、ベーシックといえどスタイルやデザインを大切に制作している背景もあってか、1つ1つの洋服から滲み出てくる美しさや雰囲気が他のブランドとは異なる印象を与えていると感じます。

 

着用時の状況を考えて作られたアイテムも多く、素材からパターンまでこだわりが感じられます。

FASHION SNAP 

 

どこかしらユニクロユーと似たものを感じますね。

なのでパリコレでも見られる様なデザインをユニクロで再現し、低価格で提供しているコラボはすごいといえます。

 

デザイナーのクリストフ・ルメールについて

イヴサンローランなどのブランドに勤務して経験や知識を得ながらアシスタントとして活躍しています。

その後、クリストフルメールとして自身のブランドを設立。

 

凄いのが、2002年にラコステのディレクターに就任し、2011年にはエルメスのディレクターに就任しています。

その後に自身のブランド名をLEMAIRE(ルメール)に変更し、世界中に名だたるブランドへと成長したとのこと。

 

個人的にルメールが好きな理由として、着る人にとって心地よく、服から自信を持って貰える服作りを行なっている点が挙げられます。

その点でシルエットの美しさがよく挙げられるのですが、身にまとった時の生地の動きなどを計算して作られている仕上がりが根底にあるとの事。

主張し過ぎない落ち着いた雰囲気のデザインは世界中の人を魅了しています。

 

エルメスでのディレクター経験があり、世界でもトップクラスのクリストフ・ルメールと、世界でもトップのコスパを誇るユニクロがコラボしています。

なのでこれほどまでに人気があり、評価が高いアイテムが多いのですね。

 

ユニクロとルメールが得意とするもの

これほどまでに長きに渡ってコラボレーションが続くには理由があります。

それは、「双方の得意とするものが合致しているから」だと。

 

ユニクロはライフウェアをコンセプトに掲げて日常的に着やすいアイテム作りをされています。

 

ミラノリブやブロックテックなんかが例に挙げやすいです。

ミラノリブとは?

  • 伸縮性の高いゴム生地と天竺地を編み合わせた生地です。
  • ハイゲージと呼ばれる網目の細かい作りですのでクリーンで上品な印象が強いです。(主にニットはミドルゲージ)

ブロックテックとは?

  • 防水、防風、透湿を兼ね備えた機能性素材です。
  • 通常は密閉状態にしないと保温性を確保できませんでしたが、汗などで蒸れやすくなります。
  • ブロックテックは湿気を外へ逃しますが保温性は保つ便利な生地です。

 

ルメールは日常生活を視点に据えた服作りを行っています。

ブランド名はご自身の名前では無くて、フランス語で「服」・「住む」にも連想出来る「habits」にしたかったと語っている事からも、ルールや理念と合致します。

 

ルメールのラインナップもシンプルでいて使いやすいものが多いです。

ルメール(LEMAIRE) 2018-19年秋冬 ウィメンズ コレクション - 写真1

https://www.fashion-press.net/collections/gallery/37813/647149

誰が着ても似合いやすくてストレスフリーなアイテムが多いです。

 

ユニクロとユニクロユーの違いについて

ユニクロとユニクロユーの大きな違いが分かりにくい方もいらっしゃるかと思います。

「普通のユニクロ商品とあんまり変わらないのでは?」といった意見も友人から言われた事もあります。

 

実際にどこが違ってくるのか?ユニクロユーのアイテムを身にまとう事でどんな面が得られるのか?お伝えしていきます。

 

デザインの違い

まず、デザインにおいて違いが見えます。ユニクロの通常ラインではシンプルで誰もが「ああ、これか!」と見たことのあるデザインである事が多いです。

 

保守的で定番の形を提供しているといいますか、誰からも認められやすいシンプルさがあります。

 

一方、ユニクロユーはルメールのデザインが含まれています。シンプルで定番の形でもいつもと違う雰囲気でユニクロでは見かけなかったデザインのものが多いです。「あれ?いつもと違うしオシャレだ!」という印象を与えやすいです。

 

派手にしたり奇抜にしているのではなく、定番のデザインやシンプルなデザインにエッセンスを少し含ませたようなバランスの良いデザインなのですよね。

これはさすが世界トップデザイナーのルメールだなと感じます。

 

同じ型のアイテムでも雰囲気が違ってきます。

ユニクロユーのデニムジャケット👇

ユニクロ通常ラインのデニムジャケット👇

 

ユニクロユーのパーカー👇

ユニクロ通常ラインのパーカー👇

 

カラーリングの違い

カラーも違ってきます。

 

通常ラインのユニクロでは色が単純というか、一色で表せる様なシンプルな色が多いです👇

これはこれでコーデに取り入れやすいです。

 

一方、ルメールとのコラボであるユニクロユーのアイテムのカラーは単色では表せないような色の使い方である事が多いです。

 

パープルと記載はあるが、実際に見てみるとパープルの他にブラウンやグレー、ピンクといった要素が含まれているなどのような、色の深みですね👇

 

ルメールとのコラボではグリーンカラーやブルーカラーに定評があります。グリーンの中にターコイズブルーの様な綺麗な色合いが含まれたりブルーの中にグリーンの色味が含まれる事で、上品さと高級感が増す色合いになっています👇

 

コスパの違い

コスパも違ってきます。本家のルメールに関してはTシャツだけでも2万はします。デザインや素材、シルエット全てにおいてブランドのコンセプトに従って洗練させているからだといえます。

 

それがユニクロユーではTシャツが2~3,000円で手に入ります。

通常ラインのユニクロでもほとんど同じ価格なので、選ぶならデザイン性や色の深みがあるユニクロユーを選んだ方が良いといえます。

 

ユニクロユーでのデザインは本家ルメールと似ている部分も多くあり、非常にお得感もあるコラボになっています👇

ルメール(LEMAIRE) 2017年春夏 メンズ コレクション - 写真4ルメール(LEMAIRE) 2017年春夏 メンズ コレクション - 写真32

FASHION SNAP 

WWD JAPAN 

ユニクロの通常ラインほとんど同じ価格である事が多いので、本家では何万〜何十万もするデザインのルメールを堪能出来ますし、オシャレに見せやすいアイテムなのでおすすめ出来ます。

スポンサーリンク





まとめ

今回は、以前から私がよくレビューしているユニクロユーについてどんなブランドなのか?ユニクロとの違いは?など徹底解説していきました。

 

要点まとめ

1.UNIQLO and LEMAIREの名では2回、それ以降はUNIQLO Uとしてコラボを続けている

2.ルメールはエルメスのディレクターも務めた世界トップデザイナーでありブランドでもある。

3.ルメールは一生永く来ていられる服を作るコンセプトの元、素材や裁縫などこだわりを持っているブランド。

4.ユニクロ通常ラインとは異なり、色の深みやデザイン性が高い評判を得ている。

5.本家では高価なデザインをコスパよくコーデに取り入れやすくなったのがユニクロユー である。

 

少しでも参考にして頂ければ幸いです。

 

そのほかのユニクロユーに関する記事は以下にまとめてあります👇

UNIQLOU(ユニクロユー)2019春夏レビュー!メンズのおすすめアイテムはどれ? UNIQLOU(ユニクロユー)2019春夏アイテムをレビュー!メンズのおすすめアイテムは一体どれ? 2019/2/...
ユニクロユー2019春夏のキャップは即戦力になるアイテムだった!?その理由とは? ユニクロユー2019春夏のキャップは即戦力になるアイテムだった!?その理由は被って見ると更に分かります! 2/1か...
ユニクロユー2019春夏のポケッタブルトラックジャケットをレビュー! UNIQLOU(ユニクロユー)2019春夏の注目アイテムの1つ、ポケッタブルジャケットをレビュー!コーデはインナー使いが決め手!...

 

スポンサーリンク





 

ABOUT ME
Tiii(ティー)
Tiii(ティー)
163cmメンズ。「低身長ファッション」について主に発信しています。服のリメイク、コーデ方法、オススメの服、考え方をファッションと織り交ぜながら発信します。その他にも、使ってみて良かった物や体験・経験をブログのスパイスの様に取り入れています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください