美容

エリクシールのおしろいミルクの使い方!メンズにも使えます!使用感をレビュー

エリクシールのおしろいミルクは「朝用乳液」としてCMでも話題になっています。

乳液ですが肌の毛穴を目立たなくさせるといったパッケージはBBクリームを連想させます。

 

これからの季節は紫外線が多く、肌への対策を行なっていくと思いますが、おしろいミルクは使い方によってメンズにも使用する事が可能です。

その使ってみた感想や使用感をレビューしていきます。

 

スポンサーリンク





おしろいミルクは乳液とカバー力を兼ね備えたオールラウンダー

エリクシールのおしろいミルクは肌のテカリや毛穴を目立たなくさせ、健やかな肌を保つ事が期待できる乳液です。

【資生堂】エリクシール ルフレバランシング おしろいミルク【メール便送料無料】 

 

この1つで

 

毛穴やテカリをカバー

肌のカバー力をアップしてくれる

 

日焼け止め

SPF50+・PA++++と日常使いには十分な紫外線カット

 

スキンバランスを整える

保湿成分や美容成分が配合されており、肌のバランスを整える事が期待できる

 

といった幅広い効果が期待できるモノです。

まさにオールラウンダーですね。

 

一般的に肌のくすみや毛穴、テカリを1日抑えてくれる期待が出来ると言われているのがBBクリームです。実際にダメージを受けた肌を修復してくれるのですが、「カバー」する事を重点的に置いているので、乾燥肌の人はカサつきが目立つ場合があります。

 

こちらは「乳液」として展開しているので、そもそもの根底がBBクリームとは違って「保湿」にも重きを置いているのですね。

乳液を基盤としてBBクリームの様なカバー力、日焼け止めといった成分を配合しています。

 

ですので、一般的なBBクリームとは異なって肌への保湿や栄養補給をしながら肌の毛穴やテカリ等をカバーする期待が高いモノです。

 

エリクシールのおしろいミルクは女性向けの展開です。

メンズには使えないんじゃ…?と思うかもしれませんがちょっと待った!

 

使い方によってはメンズにも十分使用可能ですし、清潔感を保ちたいメンズには使用する価値があると思います。

 

 

使い方によってメンズにも使用可能

さてどんな使い方をするかというと、

洗顔後に化粧水等で肌を整えた後にこうやって手に乗せて、

顔にまんべんなく塗っていきます。

この時、付けすぎない様に薄く塗っていく使い方が良いです。

というのもBBクリームの様にカバー力もあるので、肌が余計に白くなるのですね。

 

朝の洗顔後にサッと塗る使い方でメンズでも保湿と肌の毛穴やテカリをカバーしながら清潔感を保つことが期待出来ます。

 

スポンサーリンク





使ってみましたよ、おしろいミルク

私は肌が白く、日焼けすると赤くなるタイプです。そして更に乾燥肌(夏でも乾燥する位)。

 

そんな肌を日焼けしすぎずにそのままの状態をキープしながら尚且つ保湿もしっかりやって将来的にも維持出来る事を期待できるものはないか?と思っていました。

 

BBクリームはカバー力はあっても乾燥するし、保湿力が十分にあるものは結構なお値段するし…

と思っていた時におしろいミルクの存在を知ったわけですね。

 

乳液ベースで化粧をする様な感じではないので抵抗感はそこまでなく、使用する事が出来ました。

 

パッケージはこんな感じでシンプル。

 

クリームの色は肌色に近い白なので、肌への馴染みが万人にマッチする様に考えられています。

 

使用した感想としては、

ざっくり言うとこんな感じでしょうか。

 

・肌色に近い白色のクリームで、乳液の様な質感なので肌馴染みが良く、変に目立ちにくい状態です。おしろいと言っても真っ白にはなりませんでした。

・付けた後はしっとり感が長時間続き、乾燥によるカサつきは目立ちにくいと感じました。

・やはり乳液ベースなのでBBクリームの様に固さがあるクリームだけど、乳液に近いとろみもある使用感でした。

 

そして、着けた後(アフター)です笑

ごめんなさい!顔出しします!

ちょっと白くなって、しっとり感があります。

 

 

保湿・日焼け止め・BBクリームの様なカバー力

3つを兼ね備えながら¥1,944と安価なので満足しています。

【資生堂】エリクシール ルフレバランシング おしろいミルク【メール便送料無料】 

 

スポンサーリンク





 

ABOUT ME
Tiii(ティー)
Tiii(ティー)
163cmメンズ。「低身長ファッション」について主に発信しています。服のリメイク、コーデ方法、オススメの服、考え方をファッションと織り交ぜながら発信します。その他にも、使ってみて良かった物や体験・経験をブログのスパイスの様に取り入れています。