ライフスタイル

ヘアドライヤーの選び方とおすすめをご紹介!ある要素がカギなんです。

ヘアドライヤーは様々な種類があり、仕様も異なってきます。

 

一般的な家庭では家電量販店などで安価に購入出来るスタンダードなドライヤーを使用している方が多いかと思います。

しかし、私は個人的に長い目で見た場合は一般家庭向けのヘアドライヤーはおすすめ出来ないです。

 

なぜおすすめ出来ないのか?ヘアドライヤーを選ぶにあたっての基準とおすすめのヘアドライヤーも紹介していきながら順を追ってご説明していきます。

この選び方がカギとなってきます。

 

スポンサーリンク





なぜ家庭向けのヘアドライヤーはおすすめ出来ないのか?

個人的に家庭向けのスタンダードなヘアドライヤーは胸を張っておすすめは出来ないです。

それは何故かと言いますと、一般的な家庭向けに生産・販売されているスタンダードなヘアドライヤーは風量が少ない傾向にあり、

風量が少なくて乾くのに時間を要する

これが最もな理由です。

 

風量が少なくて乾くのに時間を要する

ことでどうなるかといいますと、まず髪の毛を洗った直後はキューティクルが開いて不安定な状態といえます。キューティクルが開いていることによって、水分や色素が抜けやすい状態になります。

 

乾かしてしまえばキューティクルは閉じてくれます。

しかし、髪の毛が乾くのに時間がかかることで長時間熱風にさらされるんですよね。

こうして水分が出ていってしまいやすくなり、乾燥や摩擦によるダメージの蓄積が積み重なりやすいです。

 

これが髪を乾かす際に重要になってくるのです。

次はヘアドライヤーを選ぶ基準をお伝えしていきます。

 

 

ヘアドライヤーを選ぶ基準2点!

では、ヘアドライヤーを選ぶ基準についてですが、

 

1.風量が強いプロ仕様のヘアドライヤーを選ぶ

2.耐久性のある信用性のあるブランドを選ぶ

 

大きくこの2点を抑えておけば問題ないと思います。

 

1.風量が強いプロ仕様のヘアドライヤーを選ぶ

プロ仕様のヘアドライヤーは美容室でよく見かけると思います。

風量が強い仕様となっており、早くお客様の髪の毛を乾かしてお店の周りを早く回転させる為に効率よく作られていると言われています。

この風量が強いことによって、髪の毛が乾くのに時間を短縮することが可能となり、ダメージを極力少なくすることが期待できます。

 

風量が強いヘアドライヤーは一見ワット数が高いですが、風量の少ないヘアドライヤーで何分も乾かすより、風量の強いヘアドライヤーで短時間で乾かす方が電気代もかかりにくいです。

 

2.耐久性のある信用性のあるブランドを選ぶ

いくら「プロ仕様!」と記載がある商品だとしても実際に使ってみてすぐに壊れるような物だと残念ですし、勿体無いですよね。

 

プロ仕様のヘアドライヤーは一般的な家庭向けヘアドライヤーよりも高価ですので、長い目で見て少し割高になっても信用性のあるブランドを選ぶ事が良いと思います。

ちょっと安いブランドを買って壊れてまた買い替えというよりも、ちょっと高いブランドを何十年も使えた方が結果的に支払う金額は安く抑えることができます。

この信用性のあるブランドを判断する要点としては、口コミを見ることとそのブランドがヘアドライヤーに特化したブランドなのか調べる事が大事です。

口コミは信頼性の高い「価格ドットコム」や「Amazon」が良いです。

 

その中でも納得のいくおすすめのヘアドライヤーを発見しましたのでご紹介していきます。

 

スポンサーリンク





Nobbyはおすすめのヘアドライヤー

私が実際に使っているヘアドライヤーはNobby NB2503 マイナスイオン ヘアードライヤーです。

【あす楽!送料無料!】Nobby(ノビー)NB2503 マイナスイオン ヘアードライヤー【ドライヤー テスコム ノビィ プロ用 高性能フィルター マイナスイオンユニット搭載】 

 

価格はネット価格だと¥6,800(税込)でした。

1200w/600wの電力を必要とします。イオン搭載しているので髪をいたわりながら乾かすことが可能です。

大きさはやや大きく、重さもあるので乾かしている際に重いと感じる可能性はあります。

風量はサロンでも使われるほどのプロ仕様ということもあって申し分ないです。

髪の長さや量によって左右されるとは思いますが、実際に乾くまでに至った時間は3分程でした。

 

ゴールドの文字がおしゃれですね。

Nobbyはヘアドライヤーで有名なブランドで、軽くて丈夫なヘアドライヤーを展開しています。

日本製で何年使っても壊れにくいと言われています。

コードが3mとやや長いですが、家庭で使う分には許容範囲内の長さです。

値段は¥6000円と高いと感じますが、似たような機能で他のブランドは1万円を超えるものもありますので、十分な機能でコスパは良いと思います。

 

 

ヘアドライヤーは価格よりも将来性を優先!

価格は決して安くはない今回のプロ仕様のノビーのヘアドライヤー。

髪の毛のケアや時間短縮、耐久性を考えたら将来性が良いと言えます。

テスコム ヘアドライヤー Nobby マイナスイオン ブラック NB2503 

 

スポンサーリンク





ABOUT ME
Tiii(ティー)
Tiii(ティー)
163cmメンズ。「低身長ファッション」について主に発信しています。服のリメイク、コーデ方法、オススメの服、考え方をファッションと織り交ぜながら発信します。その他にも、使ってみて良かった物や体験・経験をブログのスパイスの様に取り入れています。