ファッション

GUのタンクトップはレイヤード入門に使える!意外と狙い目な理由とは?

GUのタンクトップはレイヤードの入門に打って付けです。

 

コーディネートにレイヤードとして取り入れる事が多くなったタンクトップやTシャツ。

この様にしてチラッと下から覗かせる事をレイヤードスタイルと言うのですが、春から夏にかけて凄く便利な取り入れとなってきます。

Photo byhttp://zozo.jp/coordinate/?cdid=12254564

 

それは、春から夏にかけての季節は薄手のコーデとなる事でTシャツにズボンだけの組み合わせとなりやすいです。すると物足りなさや地味な感じを与えやすくなるから。ですね。

夏の季節にTシャツの下に少しだけ違うカラーを見せることでいつもと違った印象を与える事が出来ます。

しかし、タンクトップをオシャレ用に買っても1年中使う訳でもないしな…、Tシャツの下に着るのは暑いしな…と思いますよね?

そこで暑い季節でも比較的使いやすいのがタンクトップ

 

そのタンクトップの中でも「おっ、意外といいな。」と思ったのがGUのタンクトップでした。

 

スポンサーリンク





レイヤード入門のタンクトップはGUが狙い目!

暑い季節でもレイヤードコーデに使いやすいと実感していたのがタンクトップ。

タンクトップはTシャツと比べて体を覆う面積が少ないので暑さをTシャツよりは感じにくいのですよね。

Tシャツ1枚だと地味だな…と感じていた私にとってタンクトップは1つの救世主の様なアイテムでした。

そこでタンクトップを探したのですが、まあ中々良品がない。

素材や高級感を追い求めると1着1万円を超えるのもざらでしたので、そこは断念。アーバンリサーチやジャーナルスタンダードといった比較的良心的なブランドも4~5000円レベル。

タンクトップは肌に直接触れるので劣化が激しいのですよ。洗濯機で洗う回数も圧倒的に多い。

 

なので、1着1万近くするタンクトップは手が出しにくい状態でした。

そこで、ファストファッションにて安くて良いデザインの物を追い求めました。比較的トレンドのデザインを抑えているH&MやZaraに行きましたが、どうも素材感がガサガサでチープ。

 

安くてデザインもトレンド感があるものは無いのか、と悩んでいた末に見つけたのがGUのタンクトップでした。

 

ワッフルロングタンクトップUR

低価格で比較的レイヤードコーデの入門におすすめです。

次は意外と狙い目な理由についてお話ししていきます。

 

 

意外と狙い目な理由

では何故、GUのタンクトップが意外と狙い目なのでしょうか?

理由としては、

 

1.低価格でトレンドのデザイン

2.素材感が良い

3.シルエットが取り入れやすい

 

この3点にあります。

 

1.低価格でトレンドのデザイン

GUのタンクトップは¥790(税抜)と圧倒的に低価格路線です。

元々GUは低価格でトレンドを抑えている良品が多く展開されているブランドですが、去年はこういったデザインのタンクトップが展開されていなかった。

なので、発表されてから私は狙い目のアイテムが出たなと思っていました。

タンクトップのデザインはトレンドのややロング丈で裾がラウンドカットなのでチラ見せしやすいトレンドを抑えた物となっています。

 

2.素材感が良い

正直私は実際に実物を見るまでは素材感に期待していませんでした。

というのも、安すぎるからですね。

しかし、実際に触ってみてそのイメージは払拭されました。

 

こちらが購入したタンクトップ(ブラックとパープル)ですが、素材はワッフル生地といって、表面が凹凸の生地です。

 

素材感はハリがあってガサガサしない感じです。

若干生地が厚めかな?と思いましたが、許容範囲内。

程よい厚みがあってガサガサしない落ち感のある素材感なので着用時にごわつく感じが無いと思いました。

1枚でも着用出来そうです。

 

3.シルエットが取り入れやすい

これ結構大事なポイントです。シルエットが本来の下着の様にピチピチするジャストサイズだと着用時にお尻に溜まってだらしなくなりますし、体のラインが出やすくなります。

 

GUのタンクトップはトレンドを抑えていることもあって、肩から裾にかけて広がっているAラインシルエット。

裾が広がることによって、お尻に溜まることは軽減されますし、肩が狭いシルエットなのでシルエットにメリハリが出ます。

 

 

ラウンドカットなので、レイヤードも簡単に表現出来ます。

 

 

タンクトップの効果的な使い方

タンクトップは夏のレイヤードとしてTシャツや半袖シャツの下に着用して裾を見せることが比較的用いられるコーデです。

Tシャツと組み合わせる場合は裾を出しすぎない様にする方が良いですね。

 

大体5cmほどのチラッと見える感じがバランス良く着こなせます。

 

また、薄手のシャツの中にTシャツではなくてタンクトップを組み合わせて見るのも良いですね。

Tシャツよりも体に密着する面積が少ないので熱も放出しやすくなって暑くなりにくいです。

 

こんな感じもおすすめです。このインナーをタンクトップに置き換えてハーフパンツと組み合わせることで夏でもサラッと着れますし、他者との差別化も図れて簡単にオシャレを演出できます。

Photo byhttp://www.studious-onlinestore.com/products/detail.php?product_id=33006

 

GUのタンクトップは暑い日のレイヤード入門におすすめ!

タンクトップを使ったレイヤードコーデを表現したいと思っている方にとって低価格でトレンドを抑えた良品のアイテムはハードルが低くておすすめです。

 

GUのタンクトップはトレンドを抑えた狙い目のアイテムともあって、オンラインストアでは売り切れが続出しています。

店舗にもいきましたが、人気カラーのマスタードやパープルはほぼなく、ブラックなどもサイズ欠けしていました。

狙うなら今かと思います。

スポンサーリンク





ABOUT ME
Tiii(ティー)
Tiii(ティー)
163cmメンズ。「低身長ファッション」について主に発信しています。服のリメイク、コーデ方法、オススメの服、考え方をファッションと織り交ぜながら発信します。その他にも、使ってみて良かった物や体験・経験をブログのスパイスの様に取り入れています。