ライフスタイル

kleankanteen(クリーンカンティーン)タンブラーは漏れる?全体の評価レビューしていきます!

kleankanteen(クリーンカンティーン)タンブラーは漏れるの?評価レビュー!

実は漏れにくいキャップなので安心して持ち運び可能です。

 

ストレス社会においてリラックスする事は大事です。淹れたてのコーヒーをどこにいても気軽に飲んでひと休みするのもリラックスの1つ。

コンパクトに持ち運べて長時間保温・保冷してくれる質の良いタンブラーがあると大変便利ですよね。

 

荷物がかさばりたくない。お気に入りの淹れたてコーヒーを持ち歩いて気軽にホッとひと息つきたい…

 

そんな方の願いを叶えてくれそうなアイテム。

それが今回お伝えするkleankanteen(クリーンカンティーン)のタンブラー👇

 

★この記事を読んで分かる事

・kleankanteen(クリーンカンティーン)ってどんなタンブラーなの?

・タンブラーの使用感

・タンブラーからコーヒーが漏れてこないのか?

詳細をお伝えしていきます。

 

お気に入りのコーヒーを入れてホッと一息ついてみませんか?

スポンサーリンク





kleankanteen(クリーンカンティーン)って?

kleankanteen(クリーンカンティーン)は、アウトドアで長時間飲み物を保温・保冷する事のできる高品質のステンレス製容器を提供しているカルフォルニアブランド。

 

環境支援にも力を入れており、資源を再利用して作られる製品は高品質・低価格で手に取りやすいブランドです。

クリーンカンティーン ワイドインスレート カフェ 12oz355ml

Photo byhttps://www.kleankanteen.jp

 

klean cortと呼ばれる塗装技術で傷や欠けに強い製品作りを行なっています。

塗装がどれだけ安全なのか?測定しながら作っているようです。

 

また、保温・保冷効果をより高める為にダブルウォール真空断熱構造と呼ばれる作りになって長時間温度を保ってくれるのだとか。

 

長持ちする製品を作る事で環境資源を極力摂取しない取り組みが個人的に好きです。

スポンサーリンク





クリーンカンティーンタンブラーの使用感レビュー

クリーンカンティーンにはいくつかの種類が存在しますが、私が使用しているのはワイドインスレートボトル12ozタイプ👇

コンパクトサイズでコーヒーなど飲みやすいタンブラー式と持ち運びに便利な保温保冷対応のインスレートボトルとなっています。

 

インスレートタンブラータイプがよりコーヒーショップぽい雰囲気なのですが、持ち運び時に溢れそうだったので選択しませんでした。

by カエレバ

 

 

キャップは2種類のタイプに変更可能です。

・タンブラーとして使用可能な元々付属しているキャップ

・別売りのアウトドアなど持ち運びに特化したタイプです👇

 

オシャレな外観

インスレートボトル12ozには9種類の豊富なカラー展開がされており、どれもオシャレな雰囲気です。

 

発色の良いカラーに加えて、ザラッとした塗装感がグリップ力を高めてくれて落としにくいです👇

ボトルの太さも太すぎず、手でしっかり持って固定できる安心感があります。

 

ボトルの下部から底にかけては高品質なステンレスに磨きがかかっており、クリーンで美しいです👇

アルミ素材と違って腐食や酸化しにくいステンレス素材ですが、傷をつけないのが無難なところ。

 

保温・保冷時間は?

温かいコーヒーを持ち運ぶ冬の季節…

冷たい飲み物を持ち運ぶ夏の季節…

 

どちらも温度をしっかり保ってくれた方が良いですよね。

保温持続時間 8時間
保冷持続時間 24時間

と長時間の保温と保冷が可能なようです。

 

しかし実際に使ってみたところ、保温に関しては8時間は持たない印象にありました。

かといって沸騰したてのお湯を入れると、飲む時にヤケドの危険性が高まりますのでご注意を。

 

コンパクトなサイズ感

サイズに関しては、高さが15.5cmの直径が7.5φcmとコンパクトなサイズ感。

 

イメージとしてはスタバのtallサイズと同じかやや大きいサイズ感といったところ。

重さも207gとマグカップとほぼ同じほどの重さで、飲むときに手が疲れるなんて事にはなりませんでした。

 

手入れが簡単

毎日ストレス無く使用し続けるには、使った後の手入れがラクであることが大事

ストレスが出るアイテムは次第に使わなくなる経験はないでしょうか?

 

kleankanteen(クリーンカンティーン)のインスレートタイプのタンブラーは注ぎ口が広く設計されているので、スポンジなどで洗いやすいです。

キャップ自体は複雑な組み合わせになっていますが、動画にてキャップの外し方から手入れ方法まで詳細に載せてありました👇

 

便利で安心した注目ポイント!

ここでは更に使用してみて、疑問に思うことと疑問に対して安心した!ポイントをいくつかご紹介します。

 

タンブラーからコーヒーがこぼれない!

持ち運びをする際にタンブラータイプの以下のカフェキャップは溢れてこないか心配に思う方もいるのではないでしょうか?👇

 

しかし、ご安心を。

実施に使用してみると、カフェキャップ自体をひねって開けるタイプでした👇

片手でひねる事が可能な使い勝手の良さに加え、5つのパーツの組み合わせになっている為溢れにくい安心感も付いてきます。

 

バッグに入れて何度も持ち運びしましたが、一度も溢れてくることはありませんでした。

それほどキャップ自体が複雑な組み合わせになっているのだと思います。

 

熱くて飲みづらい問題を解決する飲み口

よくスタバやコーヒーショップでコーヒーを注文した時にカップに付いてくるカフェキャップ👇

個人的に非常に苦手です笑。

 

なぜかと言うと、アツアツのコーヒーが口めがけて一気に流れ込むからなのですよね…

それにコーヒーが今どの辺にきているのかも見れないので目隠しして飲んでいるようなちょっとした不安感も。

 

同じ経験をした方も多いのではないでしょうか?

 

しかし、kleankanteen(クリーンカンティーン)のインスレートタイプのタンブラーに付いてあるカフェキャップはありがたい機構が!

 

流れ出てきたアツアツの飲み物が直接口に触れる前に、一旦空気で冷ましてくれる余地があります。

つまり、深めの設計になっています👇

口に触れるわずか数センチの余地ですが、これが非常に飲みやすくて安心します。

猫舌の私でも外出時に持ち運んだお気に入りのコーヒーを楽しく頂く事ができています。

 

これで、アツアツのコーヒーに不安感を抱く事なく飲めますよ。

 

注ぎ口が広くて便利!

普段からコーヒーを持ち歩く方は、一旦コーヒーを作ってからボトルに注ぐ過程があるのではないでしょうか?

 

注ぎ口が広めに設定されているので、直接コーヒーをボトルの中で作る事が可能です👇

クリーンカンティーン ワイドインスレート カフェ 12oz355ml

Photo byhttps://www.kleankanteen.jp

 

美味しく頂くためにもコーヒーを入れる手間はかけたいところですが、一度作ってボトルに移すとなると、温度が下がってしまいます。

 

このムダな手間を省けるのは非常にありがたいポイントです。

スポンサーリンク





まとめ

kleankanteen(クリーンカンティーン)のタンブラーはシンプルな見た目からは想像できない、いくつものポイントがありました👇

1.コーヒーが溢れない複雑なカフェキャップ

2.使っていくのが楽しみになるオシャレな見た目

3.飲み口に数センチの余地がある為、猫舌でも安心

4.注ぎ口が広いので洗いやすい&そのままコーヒーを作れる

 

お気に入りのコーヒーを持ち歩き、ふとした時にホッとひと息する楽しみを与えてくれる。

 

そんなアイテムでした。

スポンサーリンク





ABOUT ME
Tiii(ティー)
Tiii(ティー)
163cmメンズ。「低身長ファッション」について主に発信しています。服のリメイク、コーデ方法、オススメの服、考え方をファッションと織り交ぜながら発信します。その他にも、使ってみて良かった物や体験・経験をブログのスパイスの様に取り入れています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください