ファッション

低身長でコートをメンズで着こなす方法。オーバーサイズはコクーンシルエットがおすすめ!

低身長でコートが似合わないと言うメンズの皆様、なかなかコートを購入することに躊躇していると思います。

 

現在、ビッグシルエットのトレンドの真っ只中でもあり、大きめのアウターが市場には多く出回っています。

トレンドということもあり、ロング丈やビッグシルエットのアウターを着こなしている人がオシャレな雰囲気を醸し出していますよね。

 

ただ、日本人の男性は低身長で童顔の方が多いと言われており、低身長はチェスターコートは似合わない!ましてや大きめのサイズ感なんて!と諦める方も多いのではないのでしょうか?

 

せっかく生まれてきたのにその先入観で欲しい洋服を我慢するのってとても勿体無いことだと思いませんか?

 

低身長でも選び方のポイントを抑えれば着こなせます👇

1.首元がカバー出来、ボリュームが出ること

2.袖に注意する

3.オーバーコートを選ぶ際にはコクーンシルエット、ロングコートならフレアシルエットの物を選ぶ

4.素材、色、柄を大人っぽくする

 

特に、低身長メンズでオーバーサイズコートを着てみたいと考えている型は、コクーンシルエットになる様に意識すると上手くいきやすいです。

 

では、詳細をお伝えしていきます。

 

低身長のメンズはコート特にロング丈が似合わないと言われているか

何故一般的に低身長はコート(チェスターコートなどの丈が長い洋服)が似合わないと言われているのでしょうか?

それは、丈感と実際の身体のバランスにあります。

 

外国人や背が高い人は、以下のように👇

Photo byhttp://cdn9.lbstatic.nu/files/looks/medium/2014/01/31/3538272_IMG_4883_Kopie.jpg?1391188043

洋服を着たときに体格、手脚を線に例えた時、縦に長い傾向にあります。

このそれぞれの縦線が長いと美しく、スタイルが良いということで比較的おしゃれに見られやすくなります。

 

日本人👇

Photo byhttps://matome.naver.jp/odai/2144802685946675101/2144803452951504903

以上2つの画像を見て頂くとなんとなく分かりやすいかと思います。

 

日本人はカジュアルな色や洋服を組み合わせる傾向にあることも1つの要因ですが。。

外国人は頭が小さくて体格や手足が長くてスラッとしてますよね?日本女性も日本男性と比較すると顔が小さい為、様になりやすい傾向にあります。

Photo by http://images.thesartorialist.com/thumbnails/2015/04/22415agender3797.jpg

 

逆に太っている方は線として横に長い傾向になり、服を着ても膨張して縦の美しいラインを保つことが出来ません。よって太っている人はなかなかおしゃれに見られません。

(例外もあります)

 

低身長のメンズはその線が短いということになりますので、コートを着た時に特に脚の出る面積が格段に少なくなること、手が隠れるなど問題が発生します。よって着せられている感覚になる訳です。

 

低身長メンズがコートを選ぶ4つのポイント

 低身長のメンズがコートを選ぶポイントですが、4つあります。

1.首元がカバー出来、ボリュームが出ること

2.袖に注意する

3.オーバーコートを選ぶ際にはコクーンシルエット、ロングコートならフレアシルエットの物を選ぶ

4.素材、色、柄を大人っぽくする

以上の4つのポイントに注意しながら選んでいきます。

 

1.首元がカバー出来、ボリュームが出る事

首元にボリュームを出すこと、襟が首元に近いということです。

これによって何が期待出来るかというと、小顔効果と視線誘導です。

 

日本人は顔や頭が大きい人が多いです。首元にボリュームを出すとその分顔が小さく見える錯覚が得られます。

襟が首元に近いことで上へ視線誘導が可能となり、足が短くても様になりやすくなります。

 

2.袖に注意する

スーツを試着する際に1度は気にしたことありませんか?店員さんに手の甲が見える物を勧められると思います。

 

これによってスタイリッシュにかっこよく着こなせるからです。

萌え袖になると途端に可愛い印象になりますよね?

 

日本人は童顔で低身長と可愛い要素を多く含んでいますので、着こなすにはカッコイイ、大人っぽい印象に寄せてあげることが良いです。

よって、袖が9部丈のものやジャストサイズで手が隠れにくい物を選ぶと良いです。

 

3.オーバーコートを選ぶ際にはコクーンシルエット、ロングコートならフレアシルエットの物を選ぶ

トレンドの大きめに作られたコート(オーバーコートetc.)を選びたい時にはシルエットに注目すると良いです。

コクーンシルエットは繭(まゆ)のように全体的に丸みを帯びたシルエットになる事を指します。

 

イメージがつきやすいようにポケモンで言うとコクーンやトランセルといった感じです笑

 

肩と裾は狭め、身幅は広めと言うメリハリがつきますので、全てが大きめのコートにありがちなダボダボとしたメリハリのないシルエットにはなりにくいです。

リラックスシルエットやビッグシルエットのトレンドが現在進行形ですので、オシャレにも見られやすいです。ただ、注意して欲しいのは丸みを帯びているので女性らしい雰囲気になりやすいです。ですので、後述する色・素材に気をつけてください。

 

一方、裾にかけて広がるシルエットはフレアシルエットとも言い、裾にかけて広がる様なデザインにすることで歩いた時や風が吹いた時に波打つ形状を生み出すことができます。上品で大人っぽい印象を与えることもできると言われています。

肩幅は狭めに、下に向かって広がる形状なので、Aラインシルエットが綺麗に作りやすいです。

 

こちらもシルエットにメリハリがつきますので、ダボダボにならず子供っぽい印象が軽減できます。

 

4.素材、色、柄を大人っぽくする

低身長に似合いにくいと世間のイメージがあるコートですので、素材・色・柄に注意します。

 

素材はジワっと光沢感があり、手触りの良い物が高みえしやすくおすすめです。

カシミヤ、ウールが多く含まれているもの、表面の綺麗な毛羽立ち(ビーバー)といったものがオススメです。

 

色は大人っぽく見られるダークトーンのものを選ぶと良いです。

オススメのカラーとしてはグレー、カーキ、ブラック、ブラック、ネイビー、ワイン、ベージュ等、色の濃いものです。

 

柄物を選ぶ際は無地よりもカジュアルになりやすい為、大人っぽい柄にすると良いです。

ヘリンボーン、ガンクラブチェック、千鳥格子、グレンチェック、ストライプといった柄でなおかつ落ち着いた色がオススメです。

 

オススメのコートは?

ここまで説明してきましたが、「じゃあどんなコートがいいの?」と思いますよね。

ポイントに合ったオススメのコートをご紹介していきます。

 

スタンダードなシルエット・チェスターコート

ユナイテッドトウキョウ Super110’sメルトンチェスターコート👇

Photo byhttp://united-tokyo.com/products/detail.php?product_id=6990

 

ユナイテッドトウキョウ ビーバーVネックコート👇

Photo byhttp://united-tokyo.com/products/detail.php?product_id=6139

 

アタッチメント カシミヤ混平二重メルトンチェスターコート 👇

Photo byhttps://www.area-website.com/products/detail11448.html

 

ユニクロ ウールカシミヤチェスターコート👇

Photo byhttp://www.uniqlo.com/jp/store/goods/400518

 

ビッグシルエット・ロングコート

トローヴ SAPMI COAT👇

Photo byhttp://zozo.jp/shop/trove/goods/20618480/?did=39650599

 

アダムエロペ 【MBコラボ】メルトンショールガウンコート👇

Photo byhttp://www.jadore-jun.jp/products/detail.php?product_code=GMO1714&from=170914_06mb_jadore

 

カズユキクマガイ カシミヤ混ダブルフェイスビーバーフーデッドコート👇

Photo byhttp://www.attachment-ec.com/products/detail.php?product_id=3178

 

柄物コート

フリークスストア ガンクラブチェックコート👇

Photo byhttp://zozo.jp/shop/freaksstore/goods-sale/24971555/?did=45858527&rid=1095

 

かぐれ BRAINgimmickコート👇

Photo byhttp://zozo.jp/shop/urbanresearch/goods-sale/24057276/?did=44507374&rid=1095

 

以上になります。

 

低身長の自分がコクーンシルエットを再現!

筆者は身長が163cmしかありません。

ですが、上記のポイントを抑えてコート選びをしたところ、なんとか様になりますのでおすすめです。

 

低身長でも着こなせた、トローヴのサンピコート👇

こちらのトローヴのコート、ドロップショルダーですが、袖が九分丈に設定されているんです。

なので、肩幅が広くてストンと落ちるドロップショルダーに有りがちな、萌え袖になりにくい状態です。

シルエットはコクーンシルエットで、オーバーサイズのコートでもメリハリのついたシルエットに。

 

また、裏地がキュプラとコットンを組み込むことで、袖通しの良さと保温性の向上が得られます👇

 

色を多く使いすぎない様に注意し、ダボつかない様にシルエットにも配慮しました👇

低身長でもロング、オーバー、チェスターコートは似合う!

低身長でもこういったコートを着こなすには、

コートの選び方とコーデの組み合わせに気をつけることが肝心です。

要点を踏まえていけば誰でも着こなすことが出来ます。

 

長身にしか似合わないという昔からのイメージが少しでも日本でなくなればなと思います。

そして、身長だけの原因で洋服を楽しむ幅を諦めて狭めて欲しくないです。

洋服ってこの人しか似合わない。とか寂しいじゃないですか。

 

スポンサーリンク





 

ABOUT ME
Tiii(ティー)
Tiii(ティー)
163cmメンズ。「低身長ファッション」について主に発信しています。服のリメイク、コーデ方法、オススメの服、考え方をファッションと織り交ぜながら発信します。その他にも、使ってみて良かった物や体験・経験をブログのスパイスの様に取り入れています。