ライフスタイル

日焼けで赤くなる方への日焼け止め3選!これからの季節に対策とってますか?

これからの季節は日差しが強くなり、紫外線によって日焼けが気になるかと思います。

日焼けしたい方には無縁かと思いますが日焼け止めを使う人は、
・日焼けして黒くなりたくない
・日焼けすると赤くなってヒリヒリする
と言った理由があるかと思います。

 

私は色白な肌でまさに日焼けすると赤くなってヒリヒリするタイプです。この赤くなってヒリヒリする事が凄く嫌で日焼け止めを使って紫外線対策をしていました。
しかし、日焼け止めは塗りにくい物や塗っても日焼けするような物が多く、「使いやすくて極力焼けにくい物は無いものか」と探していました。

 

こうして探した結果、日焼けで赤くなる方にとって良いなと思った日焼け止めが見つかりましたので、日焼け止めを選ぶ際に気をつける事を踏まえながらご紹介していきます。

スポンサーリンク





 

日焼止めを選ぶ際に気をつける事

まずはじめに、日焼止めを選ぶ際に気をつける事として、

SPF値とPA値を確認する事です。

 

・SPF値とは、サンプロテクションファクターの略で紫外線B派(シミやソバカスの原因となる紫外線の波)による日焼止めの防御の程度を表す値です。

紫外線による焼け(サンバーン)をどれくらい抑えてくれるのかを数値化したものです。

SPFは数値が大きければ大きい程強い日焼止めを期待できる(防御力が高い)反面、肌荒れを起こしやすいと言われています。これは化粧をし過ぎている人が肌が荒れてくる様に、毛穴を塞いでしまいやすいからです。

 

一般的にSPF35程度が短時間の通勤やお出かけに良い、SPF50以上がレジャーやスポーツをする際に良いと言われていますが、人によって焼け方や焼ける時間も変わってくるのでSPF50以上を選ぶのが良いと思います。

 

・PA値とは、プロテクショングレイトオブUVAの略で紫外線A派(シワやタルミの原因となる紫外線の波)による日焼止めの防御の程度を表す値です。

PA値は+が多い程強いバリアとなりますが、SPF値同様に大きい値ほど肌への負担がかかりやすいと言われています。

PA+〜PA++++までありますが、個人的に最大値を選ぶ事をおすすめします。

 

値が大きいほど肌への負担が大きくなるのでは?と思うでしょうが、これをカバーする点として美容成分や保湿成分が豊富に配合されているか?によります。

 

ではこれを踏まえておすすめの日焼止めの紹介です。

 

 

日焼けで赤くなる方へのおすすめの日焼け止め3選

さて、日焼けをした結果肌が赤くヒリヒリした状態になりやすい方へのおすすめの日焼け止めは、

 

1.大正製薬 コパトーン パーフェクトUVカットジェルクリームI

まず1つ目です。コパトーンは以前から日焼け止めに関して有名なブランドです。

日焼けで赤くなりやすい方へ向けた日焼け止めであり、潤い保護成分が多く配合されています。

ジェルクリームなのでつけ心地は滑らかでさっぱりしていますが乳液タイプよりはやや保湿が劣ると言われています。

ですが、タイプ毎に選べる展開である事と、カワラヨモギエキス、モモ葉エキス、ビタミンE誘導体、キダチアロエエキス、カンゾウエキスといった美容成分が多く入っている事が特徴的で肌に合う物を選べるのかなと思います。

試しに使ってみた個人的な感想ですが、自分の肌に合っていたようで日差しが強い日でも赤くなりにくい状態でした。また、ジェルタイプなので伸びが良いですね。

 

 

2.キュレル UVエッセンス SPF30【医薬部外品】50g

2つ目は肌に優しい商品を展開している事で定評のあるキュレルの日焼け止めです。赤ちゃんの肌にも使用可能なくらいの低刺激の物で肌に極力負担をかけにくい事が期待できます。

またセラミドケアという乾燥性敏感肌に対しての対策もとられており、植物由来の消炎成分を配合している事によって、赤くほてったとしても出来るだけ抑えてくれる事が期待できます。

乾燥性敏感肌を考えて作られている為、低刺激で比較的安心出来るかなと思いました。

 

使い心地はちょっと伸びが悪く感じました。

ただ、1番肌荒れしにくくて赤みや痒みを誘発させることは少ないなと感じました。

SPFは30と低めの設定です。

 

 

3.スキンアクア スーパーモイスチャーエッセンス (SPF50+ PA++++) 80g ※スーパーウォータープルーフ

私はこちらの日焼け止めを使用しています。

まず、SPFとPAの値が最大限であるという事と、水のように馴染みが良く白くなりにくい点が選んだきっかけです。

ジェルタイプは使い心地はサラッとしているのですが、乾燥肌の方にはあまりおすすめ出来ないかなと思います。保湿成分が配合されていても、保湿力がやや劣るからですね。

 

こちらはジェルというよりかは乳液タイプに近いのですが、油分を抑えた日焼け止めなので乳液のようにベタついたりしないちょうど良い加減となっています。

保湿成分もスーパーヒアルロン酸、ヒアルロン酸Na、アミノ酸、コラーゲンが含まれており、紫外線を強力にカットしながら保湿も期待出来ます。

使用感としては、見た目は乳液のような感じです。

乳液ぽい見た目ですが、伸びは良くて水っぽい感じで馴染みが良いです。

こうしてしっかり伸ばしていきます。

そして、伸ばしきって馴染ませた後がこれです。日焼け止めにありがちな白くなる感じはなく、しっとりした状態となるので日焼け止めをあからさまに塗った感じは分かりにくいです。

この付け心地と強力な紫外線カットが期待できる成分の他に安くて容量が多い事が私がこちらの日焼け止めを使っている理由です。

¥600程度で80g入っています。

スポンサーリンク





 

まとめ

日焼け止めを選ぶ際に注意する事としては、

・SPF値とPA値を確認する事

・SPF・PA値が大きいほど肌への負担が大きくなり肌荒れの原因となりやすいが、これをカバーする点として美容成分や保湿成分が豊富に配合されているか?

によります。

 

日焼けで赤くなる人に対して個人的におすすめの日焼け止めは、

スキンアクア スーパーモイスチャーエッセンス (SPF50+ PA++++) 80g ※スーパーウォータープルーフ

こちらの日焼け止めになります。

 

これからの季節は日差しが強くなります。日焼け止め対策は肌が赤くヒリヒリする人にとっては特に必須アイテムかと思いますので、しっかり選ぶ事をおすすめします。

スポンサーリンク





ABOUT ME
Tiii(ティー)
Tiii(ティー)
163cmメンズ。「低身長ファッション」について主に発信しています。服のリメイク、コーデ方法、オススメの服、考え方をファッションと織り交ぜながら発信します。その他にも、使ってみて良かった物や体験・経験をブログのスパイスの様に取り入れています。