スイーツ

極上のパンが食べられる麻布十番のモンタボーの魅力をご紹介!

都内には多くのベーカリーパン屋さんが毎日パンを売っています。私はパンが大好きで、よくパン屋に足を運びます。

 

今回は麻布十番のモンタボーと言うパン屋さんに行ってきましたのでどんなパンがあったのか、また食べたパンの詳細をご紹介していきます。

 

麻布十番にあるパン屋さん

麻布十番モンタボーは都内の麻布十番駅から徒歩4分程にあるパン屋さん。

調べてみて知ったのですが、本店が麻布十番で他にもイートイン店舗やテイクアウト店舗、石窯ベーカリー店舗など多くの店舗があることが分かりました。

店舗販売商品、通販販売商品で分かれているようで、パン屋さんの通販は新鮮だなと思いました。種類も少し変わることがあるようで、その時期によって変化が楽しめます。

創業39年で、素材や味作りにこだわったパン作りを行っているようで、長年愛されるパンを焼き続けてくれています。

 

今回、麻布十番本店に行きましたが、緑色の看板ですぐにわかり易い雰囲気でした。

39年も続いているという事もあってか、美味しそうなパンが多く陳列されています。平日でも人が割と多く出入りしており、人気なんだなと感じました。

 

多くのパンが陳列されているということだけども、どんなパンがあるの?ということで、次はパンのご紹介をしていきます。

 

どんなパンがあるの?

麻布十番モンタボーは39品以上のパンを展開しており、全店舗共通のパンと、店舗ごとに異なるパンを置いています。なので、店舗ごとに特色がありそうですね。

お菓子パン、惣菜パン、食パン、食事パンに分かれており、バリエーションの多さやデザインの面白さに惹かれます。

 

例えばこんなパンがあります。

Photo byhttp://mont-thabor.jp/sp/pan/shop/

 

イメージしていただければと思います。

この他にも様々な種類のパンが展開されており、見ていても美味しさと楽しさが体感できます。

 

今回私が購入したのは、食事系パンの「ふんわりとろけるチーズフォンデュ」と、クロワッサンキッシュです。

では食べてみた感想、その他詳細を見ていきましょう!

 

モンタボーのパンを食べてみました!

こちらが1つ目の「ふんわりとろけるチーズフォンデュ」です。

 

見た目からご想像出来るかとは思いますが、フワフワしたさわり心地です。表面は粉がまぶしてあります。こちら、レンジで少しチンすると、中のチーズが温まってとろけてくれます。

と言いますか、パンは10秒くらいでも良いので温めた方がふっくらあったかい出来たての食感に近い状態になるので、美味しく召し上がれますよね。何もしなくても美味しいに変わりはないのですが。

 

断面図はこんな感じ。

フワフワしたパン生地の中に、チーズが多く入っているのが分かります。

食べてみるとパン生地は甘すぎないので食べやすく、チーズは濃厚な味がしました。

大きめのサイズなので食べ応えがあります。

 

次に「クロワッサンキッシュ」です。

こちらは外がクロワッサン生地、中がチキンが入ったキッシュになっており、食感が面白いです。

断面はこんな感じ。

手頃なサイズ感で、味はキッシュ同様美味しいです。外側のクロワッサン生地は甘くなく、サクサクとした食感を楽しめますので普通に食事としていけますね。

 

どちらも美味しく頂けました。特にクロワッサンキッシュは新しい食感でまた食べたいですね。

 

まとめ

モンタボーは麻布十番を本店とした全国展開のパン屋さんです。

創業39年と長年愛されていることもあって、パンはバリエーション豊かです。また素材や味にこだわって作られていますので、美味しさは保証できます。

麻布十番モンタボーは多くの種類のパンが並んでおり、どれを買うか迷います。今回は2種類でしたが、また購入したり散策してみようかと思います。

 

パンが好きな方、オススメですよ。

 

スポンサーリンク





 

ABOUT ME
Tiii(ティー)
Tiii(ティー)
163cmメンズ。「低身長ファッション」について主に発信しています。服のリメイク、コーデ方法、オススメの服、考え方をファッションと織り交ぜながら発信します。その他にも、使ってみて良かった物や体験・経験をブログのスパイスの様に取り入れています。